探偵社/広島/岡山/浮気調査/探偵社ラストエージェント/興信所/求人募集情報/浮気調査/不倫調査/夫婦の悩み/離婚調停/離婚裁判/裁判資料の証拠収集/独立開業/学校
浮気調査不倫調査なら総合探偵社ラストエージェント広島県 広島市 岡山県 岡山市 興信所 求人 素行調査 行方調査 家出 事件調査 事故調査 盗聴発見 盗撮 ストーカー対策 DV 嫌がらせ 結婚 身元 悩み トラブル 離婚調停 裁判 証拠資料収集
浮気調査 探偵社 広島 岡山 【探偵社ラストエージェント】岡山県 岡山市 探偵 興信所 浮気調査 不倫調査 男女関係の修復 離婚調停
浮気調査/不倫調査
所在/行方/家出調査
盗聴発見/盗撮発見
ストーカー/DV対策
嫌がらせ/いじめ対策
裁判/調停/和解/示談の為の証拠収集
浮気調査 探偵社 広島 岡山 【探偵社ラストエージェント】岡山県 岡山市 探偵 興信所 不倫調査 事件事故調査 離婚調停
個人信用調査
事件/事故/保険調査
告訴/告発/犯罪調査
浮気調査 広島 岡山 【総合探偵社ラストエージェント】 不倫調査 不貞行為の証拠 事件調査 事故調査 DNA 筆跡 鑑定 指紋 鑑識 近隣トラブル いじめ 裁判 資料 裁判証拠収集 訴訟資料 告訴 告発 内部告発 内偵 探偵 興信所 不倫調査 離婚調停 事件 
与信管理/信用調査
リスクマネジメント
横領/背任等不正防止
採用/人事調査
内部告発の為の証拠収集
探偵社 岡山 広島 浮気調査【ラストエージェント】広島県 広島市 岡山県 岡山市 事件調査 事故調査 DNA 筆跡 鑑定 指紋 鑑識 近隣トラブル いじめ 裁判 資料 裁判証拠収集 訴訟資料 告訴 告発 内部告発 内偵 探偵 興信所 不倫調査 離婚調停 事件 
企業概要
ご相談〜調査の流れ
調査料金 
探偵業法に関する事項
浮気調査なら【総合探偵社ラストエージェント】広島 岡山 興信所 求人 浮気調査 不倫調査 素行調査 行方調査 家出 事件調査 事故調査 盗聴発見 盗撮 ストーカー対策 DV 嫌がらせ 結婚 身元 男女関係 悩み トラブル 離婚調停 裁判 証拠資料収集 告訴 告発
独立開業を目指す方へ
探偵学校のご案内
取次/特約/代理店募集
探偵求人募集情報
ご相談・お問い合せ    
リンク集

犯罪調査 企業犯罪 社内犯罪 横領 背任 スパイ 情報漏洩
総合探偵社ラストエージェント広島・岩国  相談ダイヤル 0120−260−565

「告訴」とは?
「告訴」とは
告訴とは、犯罪の被害者その他一定の者が、捜査機関に対して犯罪事実を申告しその訴追(犯人の処罰)を求める意思表示をいいます。
親告罪においては、告訴の存在が訴訟条件とされます。
※親告罪の例
?@事実が公になると被害者に不利益が生じるおそれのある犯罪
・ 単独犯による強制わいせつ罪、強姦罪(刑法180条1項、176条、177条)
・ 未成年者略取・誘拐罪、わいせつ目的・結婚目的略取・誘拐罪等(同法229条本文、224条、225条)
・ 名誉毀損罪・侮辱罪(同法232条、230条・231条)
・ 信書開封罪・秘密漏示罪(同法135条、133条・134条)
・ ストーカー規制法違反の罪(ストーカー規制法法13条) - ストーカー行為についての犯罪のみであり、禁止命令等違反の場合は、告訴は不要
?A被害が比較的軽微な犯罪
・ 過失傷害罪(刑法209条)
・ 私用文書毀棄罪・器物損壊罪・信書隠匿罪(同法264条、259条・261条・263条)
?B親族間の問題のため介入に抑制的であるべき犯罪
・ 親族間の窃盗罪・不動産侵奪罪(刑法244条2項、235条・235条の2)
・ 親族間の詐欺罪・恐喝罪等(同法251条・244条2項準用、246条、249条など)
・ 親族間の横領罪(同法255条・244条2項準用、252条など)
?Cそのほか行政目的など
・ 著作権侵害による著作権法違反の罪(著作権法123条、119条1号)
・ 各種税法違反の罪(告発)

「告発」とは?
「告発」とは
告発とは、第三者(すなわち、告訴権者及び犯人以外の者)が、捜査機関に対して、犯罪事実を申告しその訴追を求める意思表示をいいます。

ここで、よく混同されるのが、「被害届」です。
「警察に届けに行く」という事をよくみなさん言われると思います。
これは、上記の「告訴」とは同じようで違うものなので、きちんと理解しておく必要があります。

「被害届」とは?
「被害届」とは
被害届とは、被害を受けた本人またはその家族など被害関係者が犯罪事実を申告することをいいます。
被害届は、捜査の端緒(捜査機関のもとに集まってくる犯罪についての手がかりのこと)という点では、告訴と同様であるが、
?@ 犯罪の事実を申告するだけで、訴追を求める意思表示を欠く点
?A 被害届には告訴に伴う法律上の諸効果
(例えば、告訴、告発等により公訴提起があった事件について被告人が無罪又は免訴の裁判を受けた場合において、告訴や告発をした側に故意又は重過失があったときは、その者が訴訟費用を負担することがある(刑事訴訟法183条)。また虚偽告訴罪の構成要件を充足した場合は刑事責任を問われる可能性もある。)
が生じない点で告訴とは異なります。

あなたならどうしますか?
みなさんが、大概「警察に届けに行く」と言っている場合に、よく考えて欲しいのが、「積極的に犯人を処罰して欲しい」と思っているのかどうか、です。

「被害届」は、捜査機関に簡単に受理してもらえますが、他方「告訴」・「告発」を受理してもらうことは非常に大変な労力がかかります。
被害者は、「早く捜査に着手して犯人を処罰して欲しい」と、思っているのに、警察から「被害届の提出で十分でしょう」となだめられる場合もあります。
あるいは、証拠が不十分なので、追加して証拠の提出を求められたり、告訴状・告発状の訂正などを求められ、なかなか告訴・告発の手続が進まないということもよくあります。

警察は国家権力を行使するものであるから慎重になるのは当たり前といえばそうなのですが、被害者が持ち込んだ証拠が不十分で、そのままでは犯罪として立件できそうにない場合などには、「告訴」を受理しないことが多いといえます。

このような場合には、弁護士さんに相談に行かれることと思います。
しかし、弁護士さんも証拠収集については時間的にも限界があります。
そこで、私たち探偵の出番なのです。
状況に応じて弁護士さんと打ち合わせの上、何が今回の告訴で必要とされている証拠なのかを的確に判断し、証拠収集に努めていきます。
例えば、業務上横領の告訴をする場合などは一苦労です。
横領の事実は調べ上げるとたくさん出てきたとしても、「告訴状の作成の為に必要なもの」、という観点では、全部が全部挙げると逆に警察が受け付けてくれない場合もあります。
それを取捨選択しながら、弁護士さんが告訴状を作成しやすく、そしてその結果警察が受け付けてくれやすくなる、このように証拠収集をしていくのが私たちの仕事です。

個人犯罪調査 いたずら 車上あらし 放火 盗難 いじめ 非行 盗難 引ったくり
個人犯罪調査
だれでも現行犯逮捕は可能ですが、一般の人が24時年中無休で張り込むのも、なかなかできるものではありません。
私どもが、あなたに代わって犯罪の証拠収集、解決お手伝い致します。
犯人を早期に特定して、被害の拡大を防ぎましょう。
個人犯罪調査 いたずら 車上あらし 放火 盗難 いじめ 非行 盗難 引ったくり 岡山 広島 香川

企業犯罪調査 会社犯罪調査 社内犯罪調査 横領 背任 詐欺
企業犯罪調査 会社犯罪調査 社内犯罪調査 横領 背任 詐欺 岡山 広島 香川 企業犯罪調査とは
企業犯罪調査は企業、会社をあらゆる犯罪からのリスク回避をする為の調査です。企業、会社では 社内、社外を問わずあらゆる犯罪からの脅威にさらされています。
貴方の会社、企業のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。例えば役員、社員、アルバイトの業務横領に関する不正調査や万引き調査。犯罪の証拠収集など、あらゆる犯罪に対応します。

犯罪調査を依頼する前に
犯罪調査をする前に
まず、『調査目的』は必ずお聞きします。
又、警察への被害届出を出していない場合には、届出をしてからの調査となる場合がありますのでご了承ください。
また私どもと一緒に警察に被害届を出しに行っているクライアントもいますので、気軽に申し出てください。
その後、調査の打ち合わせをしてから調査にはいります。
状況に応じて警察の方と連携をとりながら調査を進めていきます。
犯罪調査 証拠収集 告訴 告発 企業犯罪 個人犯罪 被害届

企業犯罪調査 会社犯罪調査 社内犯罪調査 横領 背任 詐欺 岡山 広島 香川 博多 福岡 兵庫 大阪

COPYRIGHT(C)2006 LAST AGENT -ラストエージェント- ALL RIGHTS RESERVED.